イギリスからまた、
きのうは夕方、紙を買いに銀座へ。
ちょっと怒っていたから、虎を着て、蛇を履いて、ゆるめの黒いパンツに、サングラス。
そして、出かけたついでに、
来てね、と連絡くれてたちょいパーティに顔を出してみる。
パーティ横目に、服を見ながらおしゃべり三昧。

なんかそのお店の方たち、心地いい。
そんな素敵な雰囲気を持った方たちと話しいていたら、
すっかり頭の中がクリアになって、少し遠くまで見渡せるような気持ちになりました。
ものをちゃんと見て、大切にしているのって、とてもいい。
さて、私もがんばろう。



イギリスから、届きました!
ちゃんと届いた!

去年12月後半にオーダーして、
校正が出るまで2ヶ月以上。
それからは1ヶ月かからなかったかな?
本当は、大切なことに使いたくて、奮発してオーダーしたんだけど、
その使いたいことには、間に合わず。
甘い、私。

d0080071_6545293.jpg

1887年創業、英国のステーショナリーメーカー、Smythson。
ロイヤルワラント(英国王室御用達の印)が、3つ全部ついています。
3つついているものは、極僅かだそう。
このマークがついているものに、惹かれてしまいます・・・。

d0080071_657843.jpg

封筒とカードをオーダーしました。

d0080071_658176.jpg

紙の色、ラインの色、封筒の内側の紙の色、など選べます。
名前も入れてもらいました。
ああ、素敵。
内側の紙は、1枚1枚手で貼られていると聞きました。


ああ、うれしい。
こんな風にこの封筒たちをつくってたのかなぁ、と思うと、
ものすごくテンション上がります。
何度見てもテンション上がります。
Smythson blog

変わらずつくり続けられて、大切にされているものが、
私はとてもすきです。



以前、日本のスマイソンのお店で、
今年中には刻印サービスを始めますよ、と教えてもらっていて、
本国行かないと出来ないものだと、諦めていたので、
ものすごく楽しみにしていたのですが、
なんと4月から、日本でも刻印サービスが始まりました。

早速、愛用のスケジュール帳を持って行ってきたら、
10日ほど預けないといけないそうなので、
ちょっと検討中です。
でも、私にとっては、刻印は必なので、
タイミングみて、入れてもらいます。

研修に行ってきた方とお話したけど、
羨ましい!

やっぱり本国のお店を一度見にいきたいです。
by adachinami | 2012-04-13 08:00
<< たのしいかんじです。 小悪魔ニョロよ。 >>