ワークショップやりました。
11日、
地元多治見市で開催中の「国際陶磁器フェスティバル美濃’14」の中で行われたワークショップに行ってきました。


まず、子供たちと会場の周りを囲んでいる里山を1時間程歩き、
そこで見つけたモチーフやイメージを、
お皿に転写シートを使った切り絵で絵付け、というワークショップ。

d0080071_13022472.jpg
いいお天気で、里山歩きは汗がにじむほど。
久しぶりに木に囲まれた場所を歩き、気持ちよかったです。
が、大人たちは結構疲れました・笑。



絵付けの時間は、
とにかく、決められた枠の中の発想じゃなく、
自由に、色の好きな色を使ってやってほしいと思っていたのですが、
そんな心配はよそに、みんな自由な発想と色で切り絵をしていて、
ひとりひとりの作品を見るのが、とてもたのしかったです。

今回10色の色を使って切り絵してもらったのですが、
色鉛筆に入っているようなお決まりの色ではなく、
いつもなら選ばないような色を私に選ばせてもらい、用意していただきました。
新しい発見があったらいいな。

焼き上がるのが楽しみだね。
ほんと、みんないいお皿つくってました。
お皿はそのあと、食器という道具として使えるから、
今回作ったものを、このあと使ってもらえるとうれしいです。

私自身も、いい体験が出来ました。


参加してくれたみなさん、
しっかり運営して下さった事務局の方たち、たのしい司会をしてくださったヨースケさん、細やかに動いて下さったスタッフのみなさん、
ありがとうございました。





by adachinami | 2014-10-13 13:35 | 仕事情報
<< 掲載誌・Casa BRUTUS... 刻印出来上がりました。 >>